税理士なら、京都の起業を支援する小林博税理士事務所

  • 小林税理士事務所のトップ
  • ご挨拶
  • アクセス
  • お問合わせ

スタッフブログ The glossary and teacher's diary are published.

HOME < スタッフブログ
スタッフブログ Staff Blog.
「五十歩百歩」~中国の故事より
gojuu


小林です。

今回の故事は・・・


「五十歩百歩」


意味・・・わずかな違いがあるだけで、本質的には変わらないこと。

由来・・・中国・戦国時代の儒学者・孟子の書「孟子」が出典。

      孟子は儒教では孔子の次に重要な人物とされ、

      性善説や、仁義など…徳による王道政治を主張しました。

      五十歩百歩の記述はこちら。


魏(梁)の恵王は、常々疑問に思っていることがありました。

あるとき、孟子を招いてこう尋ねました。

「私はいつも民のことを考えて国を治めています。

ある地域が凶作ならばその民を別の場所に移し、

またその場所が凶作になれば同じことをする。

ところが隣の国では私ほど心を尽くして政治を行っているようには思えない。

それなのに、隣の国は民が減ったようには見えず、

私の国の民が増えることもないように思える。

これはいったいどうしたことでしょうか?」

要するに、自分の国は隣の国より良い政治をしているのだから、

隣の国から民がこちらに逃げてこないのはなぜなのだろう、という疑問でした。

すると孟子は、このように答えました。

「王様はいくさがお好きだから、それに例えてお話しましょう。

戦いの場面で、兵が逃げ出したとします。

ある兵は百歩逃げてとどまり、

ある兵は五十歩逃げてとどまりました。

五十歩逃げてとどまった兵が百歩逃げた兵を、

「自分の方が勇気がある、お前は臆病者だ」

と笑ったとしたなら、王様はこれをどう思われますか?」

恵王はこの話を聞くと

「五十歩逃げようと百歩逃げようと、持ち場を離れて逃げたのに変わりはない。

同じことだ。」

と言います。

そこで孟子はさらに

「王様はよくご存じではありませんか。

いまは凶作続きで民はみな食べることに苦しんでいます。

良い政治をしているかどうかというのは民にとっては大差ないことなのです。

だから隣の国と比較するのはやめましょう。」

孟子は、隣の国の政治と恵王の政治はこの五十歩百歩の話と同じであり、

どちらも王道の政治でない点で同じこと・・・

どうか王道の政治、徳の政治をしていただきたいと恵王をさとすのでした。


**********************************************

「五十歩百歩」にはよく似た言葉があります。

「どんぐりのせいくらべ」

「大同小異」

「どっこいどっこい」などなど・・・

このように「比較しても仕方ない」という意味の言葉が沢山あるのは、

昔から人間はついつい人と自分を比較してしまうものだからでしょう。

意味のない愚かな考えから自分を解放するため、

色々な時代の、いろいろな人々がこれらの言葉を作ってきたのですね。


「 五十歩百歩 」 :: 「天神川日記」 | 07:00 | comments (x) | trackback (x)
                                  * 税理士 京都 *


  • 業務案内
  • 新規開業・創業をお考えの方へ
  • ご相談の流れ
  • 経歴・実績のご紹介
  • 事務所概要
  • 当所 所属の税理士